top of page

音(Non)
特設応援サイト

💖現在の総支援額

​円

👦現在の総支援者数
​目標金額 300,000円
​目標達成率

⏰募集締め切り

​8月11日

支援の現状
西山夫婦のコピーのコピー (3).png

【現在の活動】

私は現在、ボカロを通じて「生きるということ」を問いかけるソプラノシンガーとして活動しております。

活動を通して、今生きることに悩んでいる方や生きづらさを感じている方が、自分自身に対しても周りの人に対しても、生きててくれて良かったと思ってもらえるようなきっかけをつくっていきたいです。

131832.jpg

【人生で初めての自己主張】

私は、小さい頃から自己主張をする性格ではありませんでした。小さい頃からなんとなく「自己主張をしてはいけない」「良い子でいないといけない」と思い、親を困らせないよう自己主張をせずに生きてきました。

 

そのため昔から、何がしたいのかと問われることがすごく苦手でした。

 

このような性格の私でしたが、歌だけはずっと好きでやりたいことだったため、中学の時に合唱部へ入部。

合唱部はかなりの強豪で、顧問の先生は生徒のことを一切褒めないくらいとても厳しい先生でしたし、練習も本気で行い本格的に歌の世界に入りました。

 

本気でやることで、中途半端でやっていたら味わえなかったことをたくさん味わうことができ、歌うことがより楽しく好きになっていきました。

 

そして引退する時、顧問の先生に

 

「お前は才能があるから、一生歌い続けろよ」

 

という言葉をいただき、自分は一生歌い続けるのだと確信し、音楽の道へ進むことに決めました。

 

今まで親に自己主張をしてこなかった私ですが、親に音大へ行きたいと意思を伝え、中学3年生からピアノのレッスンに通わせてもらいました。

卒業後高校3年間も、個人レッスンとライブハウス巡りで音楽づくしの毎日を過ごしていました。

 

自己主張をしない自分の意思も持たない私が、

唯一やりたいと思ったことが音楽だったのです。

 

高校卒業後は無事に音大へ入学し、オペラの舞台に出演したりと、歌だけでなく幅を広げる経験をたくさん積ませていただきました。

131835.jpg

【子どもに背中を押してもらい音楽活動を再開】

社会人になってからは、仕事をしながら音楽を続けていましたが、結婚し妊娠したことをきっかけに音楽活動を一旦休止しました。

 

第一子、第二子を出産し、落ち着いたらまた音楽活動を再開しようと考えておりましたが、第二子が生まれて4ヶ月の時に別居し離婚。

二人の子どもを育てることに必死で働き詰めだったため、気づくと約10年間音楽活動を休止していました。

 

すくすくと育った子どもにふと「ママ、元々音楽やってたのになんで今やってないの?」と聞かれ、「みんなの前で歌ってるママを見たい!!」と言ってくれたのです。

 

そしてタイミングが良く、知り合いの方から音楽活動のお誘いを受けたこともあり、音楽活動再開を考えるようになりました。

 

しかし、私がやりたいことをやることで家計が厳しくなる現実もあり、子どもたちには正直に「ママがやりたいことをやることで、あなたたちがやりたいことを我慢することになるかもしれない」と伝えました。

 

すると子どもたちから返ってきた言葉は

 

「ママも好きなことやったら良いやん!」でした。

 

こうして子どもたちに背中を押してもらい、活動を再開することができたのです。

 

コロナ渦でしたが、色々と試行錯誤をしていく中で、娘からストレートな表現ができるボカロを教えてもらっていくうちに、今の世の中で生きづらさを感じている人が共感しやすいボカロを歌うようになっていったのです。

S__115040267.jpg

【大切な後輩のために】

私が「生きる」をテーマに活動するようになったのは、大切な後輩が自ら命をなくしたことがきっかけでした。

 

私の大切な後輩は、とても優しく繊細で、人に気を遣いすぎて明るく振る舞う子だったのですが、彼女は優しすぎるがあまり一人で多くのことを抱え込みすぎていたのです。

自分の弱い部分は、誰しも出しにくい。だからこそ、私が音楽で浄化させていけたらと思いました。

 

自分は一人じゃないと思えていたら、彼女の未来はまた変わっていたのかもしれない。

大切な彼女の死はかなりショックで落ち込みましたが、彼女のためにも、生きるとはどういうことなのかを問いかけ、生きていることの意味に気付いてもらえるような活動をしていくことを決めました。

 

自分で自分を認められなくても良いし、自分を好きになれないあなたはダメなんかじゃない。

あなたを認めてくれる人は必ずいるし、人からの愛は必ずある。

あなたは一人じゃないよ。

 

私は歌を通してこのことを伝えていき、自分は一人じゃないんだと気づくきっかけになっていきたいです。

IMG_6343.JPG

【これからやりたいこと】

これからは、生きづらさを感じている人たちの自助会やフリースクールと提携したり、ライブ後の座談会のような場を作っていきたいです。

 

ライブの感想を共有しながら、各々の想いを打ち明けられるような場があると、想いを共感しあい支え合っていける輪が広がっていくのではないかなと考えております。

 

また、みんなの想いを紡いで表現できるオリジナル曲を作るプロジェクトもやっていきたいです。

みんなの想いのカケラを一つに集めて、私が歌うことで、みんなの想いを形にしていくことができたらなと思っております。

 

一人一人が自分の想いを表現し、みんなが支え合っていく優しい世界を実現していくために、応援どうぞよろしくお願いいたします!

131846.jpg

資金の使い道

動画制作費 20万円
その他経費
(外注費等) 10万円

リターンを選ぶ
リターン一覧

​【支援する】ボタンから決済ページに移動します。

​支援手数料 リターン金額の20%

お礼メッセージ

​音(Non)よりお礼のメッセージを送らせていただきます。

3,000円(+支援手数料)

スクリーンショット 2024-04-02 13.23.43.png

無制限

ライブチケット

*3,000円分のチケット割引券

音(Non)が主催するLIVEのチケット割引券になります。

例:5,000円のチケットの場合、その差額の2,000円で参加可能。

2,000円の場合、1,000円分また別のLIVEで利用可能。

5,000円(+支援手数料)

ベージュと茶色 水彩 花柄 Thank youカードのコピー.png

残り19名/限定20名

​ギフト

「純粋に応援したい!!」と、音(Non)の想いを知って応援していただける方、ぜひお力をお貸しください!

ひとりひとりに向けて、感謝のメッセージをお届けします。

10,000円(+支援手数料)

包まれたギフト

無制限

みんなの想いを込めたオリジナル曲を作る『TSUMUGU』プロジェクトにあなたの参加したい形をプレゼンできます。

プレゼン内容がプロジェクト立ち上げメンバーの想いとマッチした際には、参加メンバーとしてどんどん活躍して頂きます。

例:作詞、作曲、バンドメンバー、想いの提案、表現のコラボ(イラスト、役者など)、裏方

その他のアイデアをどしどし募集します。

10,000円(+支援手数料)

ベージュと茶色 水彩 花柄 Thank youカードのコピー (1).png

残り8名/限定10名

20,000円(+支援手数料)

レコーディング見学

月一で実施している音(Non)のレコーディングを見学できるチケットです。

どのようにレコーディングを行なって曲を制作しているのか生で感じて頂けます。

S__110419992.jpg

残り3名/限定3名

50,000円(+支援手数料)

歌いに行きます

*お店の宣伝にもなるよ

法人様、店舗様向け。

音の想いを込めたライブパフォーマンスと共に、イベントの告知にて、法人様、店舗様をご紹介させて頂きます。

S__115040274.jpg

残り3名/限定3名

100,000円(+支援手数料)

YouTubeスポンサー

音(Non)の歌を投稿しているYouTubeにてスポンサー様のご紹介をさせて頂きます。

記載名は動画内に、URLを概要欄に記載させて頂きますので、音よりご希望の記載名を確認させて頂きます。

参考↓

ベージュと茶色 水彩 花柄 Thank youカードのコピー (2).png

残り1名/限定1名

通常リターン
9.png

スポンサーB枠

(上記は、他の方の動画のサンプルです。あなたの名前が、これから編集して作成する音(Non)のLIFE STORYの中に掲載されます。)

5,000円(+支援手数料)

無制限

10.png

スポンサーA枠
(上記は、他の方の動画のサンプルです。あなたの名前が、これから編集して作成する​​音(Non)
のLIFE STORYの中に掲載されます。)

10,000円(+支援手数料)

残り10名/限定10

11.png

スポンサーS枠

(上記は、他の方の動画のサンプルです。あなたの名前が、これから編集して作成する音(Non)LIFE STORYの中に掲載されます。)

15,000円(+支援手数料)

残り4名/限定5

個別の特定商取引法について

・商品の引き渡し時期

・販売事業者の氏名、名称、住所、電話番号

以上に関しては請求があり次第提供しますので、プロジェクト実施者に直接ご連絡ください。

bottom of page